【ツイッター】フォロワーが増えるツイートの中身を網羅的に解説!【ツイート内容】

ツール・アプリ
リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

皆さん、ツイートの中身にはこだわっていますか?

もしアナタが、少しでもフォロワーを伸ばすために日々ツイートを行っているのであれば、その内容にはしっかりとこだわりや戦術を盛り込まなくてはいけません。

 

今回は、様々な先駆者様が発信されている「フォロワーを増やすためのツイート内容」について網羅的にリサーチを積み重ねてきました。

本記事で、その成果を詳しくお伝えしていきたいと思います。

私のツイートも時折挟んで、実例としてお示ししていきますね。

 

通りすがりの猫
「ツイッター運用を始めたばかりでツイート戦略なんてよくわからない!」

という方は是非この記事を読んでいただき、自身のツイート戦略に取り込んでいただければと思います。

 

フォロワーが増えるツイートの内容

早速、ツイートの中身を掘り下げていきましょう!

 

有益なツイート

まずは定番のところから。

ツイートをみていただいた方に、何かしらの価値・情報を提供することを目的としたツイートのことを指します。

詳しく分類して見てみましょう。

 

・一般の人があまり知らない専門的な知識

アナタ自身が持つ、専門性の高い知識や業界の裏事情などが該当すると思います。

 

たとえばアナタがパン屋さんだったとしたら、“家庭でもカンタンに美味しいパンを作るちょっとしたコツ”などが良いのではないでしょうか。

他人があまり知らず、自分が知っている知識を提供することは、最も有益かつ色々な方から求められることなのです。

 

別に、深く難しい内容をツイートする必要はありません。

万人に分かりやすいようにごくごく初歩的なことをサラっとつぶやくだけでも、他人に大しては十分な価値を提供しているのですから。

 

リリン
私は主に痔のことに関するツイートをよくしています。

 

・同業者に対するノウハウやモチベーション維持術を提供

コチラもかなりフォロワーが伸びやすいツイートだと思います。

 

私はブロガーであり、同じブロガーの方々を多くフォローしています。

なぜなら、彼らのツイートはブロガーとして欲しいノウハウなどを頻繁にツイートしていますし、ブログを続けるために行っているモチベーション維持術などもよく見かけます。

とてもありがたいですよね。

そんな同業者の人達は積極的にフォローしたくなります。

 

私自身もまだまだ初心者の駆け出しブロガーなので初心者向けに自身がインプットした情報をアウトプットしたりしていますね。

初心者ブロガー向けに情報を提供しているわけです。

 

・まとめツイート

自身で1から発信するのではなく、他の方の情報やコンテンツを簡潔にまとめてツイートすることを「まとめツイート」といいます。

フォロワー数が少ないうちは凄くオススメですね。

 

まとめる内容はなんでも良いと思います。

他の人のブログ記事を短くまとめて紹介し、リンク貼って紹介したりも良いと思います!

 

メリットは主に以下の点。

・情報を簡潔にまとめる技術が身に付く

・情報元の人にメンションやRTをつけて存在をアピールできる

・自身で1から内容を考える必要が無い

 

リリン
自分は、サウザー氏のVoicy内容をまとめたツイートを定期的にしています。

 

・おすすめ商品やサービス紹介

他人に価値を提供する点では、商品やサービスの紹介というのはとても合理的です。

自分が使ってみたり、調べたりしてとても良かったものを他人に勧めるわけですから。

 

一種の口コミに似たようにツイートを行えば、「この人は良い物やサービスをよく紹介しているぞ」という認識をしてくれるわけです。

つまり、フォローしたくなります!

 

無益なツイート

さてさて、有益ときたら次は無益でございます。

 

人間、有益なことしかつぶやけないなんてことはありません。

そんなの疲れるだけですし、一種のbot感すら出てきてしまいます。

ある程度の人間味を持たせることも、ツイッターアカウントには大切なのです。

機械のような人は、あまりフォローしたくないと思いますので。

 

したがって、たまには無益ツイートを挟んでいくようにしましょう。

 

無益ツイートの最たる例としては・・・

・純粋に面白いネタや比喩表現

・取るに足らない、くだらない内容

・下ネタ

あたりでしょう。

 

私の場合はこんな感じ↓

アホですね~。

 

深く内容を練る必要はありません。サラっとツイートしてみましょう。

ただし注意点が2つほど。

・有益7:無益3 程度の割合

無益しかつぶやかないアカウントは、他のアカウントに比べてフォローする価値が低いですよね。

メインは有益で、たまに無益を挟むという感覚を大事にしましょう。

・他人を貶めたり傷つける内容は避ける

無益であっても、他人の目に止まったときに不快な思いをさせるのはよろしくないです。

やりすぎると、既にフォローしていただいた方々がフォローを外したくなるかもしれませんし。

程度の問題でもあります。

 

体験談

次は、自身の体験談に関するツイート内容です。

もう、赤裸々にでもなんでも良いので、自分が体験したことや思い出、感想などをそのまま140字以内にまとめてツイートしてみましょう。

 

人間は最初、どうしても他人に対して壁を作って見てしまう節があります。

それはつまり、壁を取り除くことができれば、かなりフォローしてくれる確立は上がるのです。

 

壁を取り払う方法として、体験談ツイートはかなりオススメできます。

・あるあるネタで共感してもらえる

・リアルな数字や表現を使うと、その人のことを知ることができたような気持ちになる

・「この人は自分の体験や気持ちを赤裸々に語っていて、好感が持てる」という信頼を得られる。

 

体験談の種類は基本的になんでも良いとは思いますが、より戦略的に行うのであれば以下のような内容が好ましいです。

・仕事や職業など、他人と共通点が多いであろうこと

・家族や友人などの身近な人間関係

・恋愛および男女関係

 

私の場合は、「兼業ブロガーあるある」がとても良い感じでインプレッションを稼いでくれてます。

 

 

名言

140文字という限られた内容なのですから、その一語一句には魂が込められているのがベストでしょう。

つまり、名言ですね。

 

出来る限りオリジナリティのある言葉がベストです。

しかしフォロワーが少ないうちは、著名人や歴史上の人物の名言を引用するのも悪くないと思います。

人間、“言葉の中身”よりも”誰が発した言葉なのか”を重要視する旨がありますからね。

思う存分、有名人のネームバリューを活用しましょう。

 

トレンド

これまでの内容とは方向性が変わりますが、トレンド系のツイートも重要だったりします。

トレンド系は、とにかく拡散性が高いのです。

話題になっているということは、他の人もとっても気になっているわけですからね。

トレンドに乗っかったツイートはよくRTされます。

 

もちろん、中身のあるツイートであることは大事ですが。

スカスカの中身では拡散は一切されません。

 

動画

140文字という枠に囚われたくなければ、動画を使うのも良策です。

映像と音声があるだけでも、文字だけのツイートとは比較にならないほどの情報量を提供することができます。

手間に見合うだけのリターンはあると思います。

 

人物を映したりする場合は、カッコイイ・カワイイ人であればそれだけでもインパクトがありますよ。

自身の特徴や人間性をアピールをする意味でも、映像を使うのはとても効果が高いですね。

 

動物のかわいい映像やちょっと面白い映像などもよくRTがされていますよね。

ちょっとした癒し系動画はとても人気があります。

 

報告

報告系のツイートは、結構フォロワーが伸びます。

意外と思うかもしれませんが、事実です。

 

なぜなら、その人の活動実績や数値上の評価・積み重ねが分かるわけですから。

 

「3ヶ月で記事を100記事書きました!」っていうツイートが流れてくれば、その人は頑張ってブログ記事を書き続けてきたというのが一目でわかりますよね。

その人のこれまでや今後が気になりませんか?

気になったら、フォローするんですよ。

ごくごく自然な思考の流れですね。

 

通常のツイート以外の活用術

ツイートの詳しい中身についてはひと段落したので、次は普通のツイート以外ではどのような内容にすべきなのかをまとめます。

リプの中身

まずはリプ(返信)の中身からですね。

 

・長文を作成したいとき

どうしても140文字に入らないときは、自己リプで一つの文章につなげてしまいましょう

一つ一つのツイートは細切れであっても、ツイートのツリーで見れるわけですから問題にはなりません。

 

・共感や納得をした旨を伝える

他人のツイートに対してリプをする場合です。

なるべくその人の考えに共感したり納得したことを伝えるようにしましょう。

(この人は自分のツイートに共感してくれたぞ。どんな人だろう?)といった感じで、プロフィールを見に行きたくなりますよね?

リプで絡むときは、好意的な内容を伝えてプロフィールを見てもらえるように誘導しましょう。

 

逆に言うと、共感できないツイートや反論したくなるツイートにリプを送ってはダメです。

無視しましょう。

そんなことをしても、一銭の価値すら生まれないのですから。

 

リツイートの活用

リツイートに関しても、基本はリプと同様です。

 

リプとは異なるポイントは以下のような内容。

 

・コメントなしのRTより、コメント有りの引用RTがベター

自分の考えや感想を付けることで、自身の存在をしっかりアピールできます。

 

・反応の良かった自分のツイートを、定期的に自己RTする

2週間~1ヶ月に1回、自己RTするぐらいがベストでしょう。

もちろんやりすぎはNGです。ただの再放送アカウントになってしまいます。

 

固定ツイートの活用

最後に、固定ツイートの活用です。

固定ツイートとは、ツイッターアカウントを見たときに一番上段に表示されるツイートのことですね。

①アカウントにつき1ツイート、固定表示することができます。

つまり、アカウントを見に来たときに一番最初に目に入るツイートというわけです。

 

これを上手く活用しない手はありません。

・自身のプロフィールやブログへの誘導リンク

・自身の人となりや経歴の詳細説明

・他人に対してどのような価値を提供しているのか

このあたりを厳選して作り上げ、他人に一番みてもらいたいツイートとして固定表示しましょう。

 

なお、私の現在(2018/9/30)の固定ツイートはコチラ。

 

 

 

以上、「フォロワーを増やすためのツイート内容」についての記事でした。

すべての内容を一度に実践することは不可能だと思いますので、まずは自分がすぐ出来そうなツイート内容をピックアップして取り入れてみてはいかがでしょうか?

慣れてくれば、自身にとってつぶやきやすいツイート内容で、かつフォローをよくしてもらえるさじ加減がおのずとわかって来るでしょう。

 

リリン
私もまだまだ発展途上の精進中です。一緒に頑張りましょう!

 

合わせて読みたい記事はコチラ

【ツイッター】フォロワーを増やすためのツイートテクニック【テクニック】

【ツイッター】フォロワーを増やすためのプロフィール作成方法【プロフィール】