【Switch】Nintendo Switch Proコントローラーのメリット・デメリット【プロコン】

お買い物
リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

みなさん、スマブラSPやってますか!?

私もガッツリやってますが、あまりにも面白過ぎて衝動的に「Nintendo Switch Proコントローラー」を買ってしまいました。

しかもスマブラ仕様のカッチョイイやつ。

衝動買いといいましたがちゃんと理由はありまして。

リリン
このゲームはやりこみたい!でもデフォルトのジョイコンでは楽しみきれない!

と判断したのです。

 

というわけで早速、このプロコンを使ってみた感想をメリット・デメリットに分けてまとめてみたいと思います。

Nintendo Switch Proコントローラーのメリット

・握りやすい

さすがはPro仕様。グリップがとっても握りやすいです。

感覚としては、Xboxのコントローラーに一番近いですね。

分厚くて、しっかり握れる感じです。

 

・ボタンが押しやすい

握った状態から、対戦中に使うボタンはすべてカンタンに押すことができます。

指が届く範囲にすべてありますし、グリップをしっかり握った状態から親指もしくは人差し指・中指でしっかり押せますね。

LRボタンも幅広で、ガッチリ押せます。

 

ジョイコンではこうはいきません。

ボタン自体が小さいですし、LRボタンはグリップの不安定さもあいまって誤爆がよく起きます。

 

・有線コントローラーとして使える

Nintendo Switch Proコントローラーは、USBケーブルを接続することで有線コントローラーとしてつかうことができます。

有線と無線では、当然有線のほうが入力速度が速いですよね。

最近の無線接続はとても優秀で遅延などもほとんどありませんが、有線より早くなることはありません。

 

体感では無線も有線も変わらない感じでしたが、これから本気でやりこんで行くときに無線の不安が無いのは精神衛生面でもとても重要です。

 

・USB接続で充電ができる

USB接続ができるということで、当然充電もできます。

付属のジョイコンでは、充電するためにわざわざ本体側面に付ける必要がありました。

プロコンならばケーブル接続なので、ちょっとしたことですが利便性が高くなります。

 

※ジョイコングリップにもUSB充電が可能なタイプがありますが、本体付属とは別の商品です。

 

・モチベーションが上がる

単純にモチベーションがあがります。

 

これよりは・・・

 

こっちのほうが、ゲームをより楽しめそうですよね。

リリン
実際、私はめっちゃ楽しくなりました。

 

Nintendo Switch Proコントローラーのデメリット

プロコンはとっても優秀ですが、デメリットも当然ありました。

・デカいし重い

結構デカイです。そして重い。

持ち運びには向かないので、携帯ゲームモードで使うときにはカバンに入れるのも躊躇しますね。

 

・USBケーブル端子を1つ余計に使う

充電中や有線コントローラーとして使っているときには、貴重なUSBポートを一つ使わなくてはなりません。

 

※USBポートのひとつは、有線LANをつなぐために常時USB⇔LAN接続変換アダプタを使っています。

場合によってはUSBポートが足りなくなってしまうかもしれません。

 

 

以上、Nintendo Switch Proコントローラーのメリットとデメリットについてまとめました。

リリン
スマブラをより楽しむために、是非コントローラーにはこだわってみてください!

Nintendo Switch Proコントローラー以外の選択肢

最後に、Nintendo Switch Proコントローラー以外のコントローラーの紹介をします。

・JoyCon(ジョイコントローラー)

スイッチ本体を購入する際に付属してくるコントローラーです。

グリップの形やボタン配置はお世辞にも使いやすいとは言いがたく、どちらかといえば「コントローラーを分割して友達と使ったり、出先で携帯モードとして使うときに用いるもの」と割りきるべきでしょう。

 

・ゲームキューブコントローラー

実は、専用の変換機を使う事でゲームキューブのコントローラーをスイッチでも使うことがでいます。

 

ゲームキューブのコントローラーに慣れていたらアリですね。

 

・HORI製クラシックコントローラー

任天堂ライセンスつきの、GCコンにごく似たコントローラーです。

ゲームキューブコントローラーとは違い、直接USB接続ができるので変換機は不要です。

 

・非公式 Switch用コントローラー

こちらは非公式のSwitchコントローラー。

形はほぼプロコンと同じで、かつプロコンよりもかなり安上がりです。

公式ではないことに目をつぶれば、十分使ってみる価値はあるでしょう。

 

 

以上!