初めての方でも安心!座薬のカンタンな入れ方!

リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

皆さん、座薬を使ったことはありますか?

私はめちゃくちゃあります。

エリート痔主ですから。(桜木○道リスペクト)

 

でも、普通の人にとっては座薬を使う機会って、なかなか無いと思うんですよ。

で、座薬って初めて使う人にとっては未知の薬で、

肛門への入れ方ってのは結構難しかったりします。

 

そこで、痔主歴16年の私が、誰でもカンタンに座薬を入れることができる方法を伝授します!

 

座薬には、他にも”座剤” “坐薬” “坐剤” などの表記がされたりします。

座薬の入れ方!

早速説明をします!

・手や肛門は清潔に!

薬を掴む手指や肛門は、しっかり洗うなりウェットティッシュで拭くなりでキレイにしましょう!

切れ痔などがある場合は雑菌が入る原因になってしまいます。

 

・ムダ毛は剃ろう!

大人の方であれば、ケツ周りに毛が生えてる人もたくさんいることでしょう。

リリン
私はボーボーです!

座薬を入れる際には、ただただジャマです!できれば剃ってしまいましょう!

事情があって剃れない場合でも、カットをして短くしておくだけでも大分ラクになります!

 

・姿勢は横向きに丸まって寝る!

ここが私の一番伝えたいポイント。

一般的には、座薬は立った状態で足を広げて入れるという説明が多いですが、

自分はこれには反対です。

 

なぜなら、立った状態で座薬を挿入するやり方は、座薬自体に慣れた方じゃないと難しいのです。

座薬初心者は正直ムリだと思います。

リリン
自分も立ったまま入れるのはしんどいです。できますけど。

 

なので、座薬初心者やあまり慣れていない方にオススメするのは、横向きに丸まって寝る姿勢!

この姿勢だと、自然にリラックスしつつ肛門に手が届きます。

 

・ケツを丸出しにして、座薬を準備

では、ケツを丸出しにしましょう!

(公序良俗の都合で、写真は載せられません)

 

そして、座薬の包装を剥いで親指と人差し指でつまむ!

これで挿入の準備、完了です。

 

・深呼吸で力を抜きつつ、入れる!

座薬の先(とがっているほう)を肛門にあてがい、ゆっくりと深呼吸をしましょう。

ケツに力を入れないようにリラックスしつつ、ゆっくりと座薬を挿入します。

 

座薬は少しヌルっとしているので、すんなり入りますよ!

滑りにくくて入りにくい場合は、オロナインとかの軟膏とか

オリーブオイルなどを使いましょう。

 

・人差し指の第一関節まで、挿入する!

座薬が無事挿入されても、すぐに指を離してはいけません!

そのままだと、肛門の肉で座薬を押し返されてでてきてしまいます。

なので、そのままゆっくり指を肛門内に入れていきましょう!

人差し指で押し込んでいき、第一関節まで入れば大丈夫です。

 

・足を伸ばして、ケツ筋に力を入れる!

すぐに指を抜いてはダメです!

完全に座薬が中に入っていくためには、肛門の筋肉で中に押し込んであげる必要があります。

自然に押し込むためには、

横向きの姿勢のまま足を軽く伸ばして、ケツ筋に少し力を入れる!

これでOKです!

 

・スルっと入る!

しっかり奥まで押し込んだ状態なら、ケツ筋に力をいれることで

座薬が奥までスルっと入っていく感覚がわかるはずです!

 

リリン
さぁ、これでアナタも座薬マスターです!恐れずにケツに薬をいれましょう!

 

そもそもなぜ座薬を使うのか

Sophieja23 / Pixabay

さて、そもそもなぜ座薬というものがあるのでしょうか?

もう1人のリリン
軟膏とか口から飲む薬でいいじゃん!
リリン
そう思うのも無理はありませんが、しっかり理由はあります!

なので、理由をしっかり納得して、座薬を使うようにしましょう!

 

痔の薬の場合:患部に直接効く

これはもうそのままですね。

肛門内側にできたいぼ痔などは、外部からは軟膏を塗るなどができません。

注入軟膏という手もありますが、患部に留まるという点であれば座薬のほうが優秀でしょう。

解熱・鎮痛剤の場合:成分が分解されずにすぐ効果が出る

解熱・鎮痛の場合は、大腸から直接成分を吸収できることにメリットがあります。

つまり、経口薬よりも成分の分解が起こりにくく、入れてから1時間と立たずに体へ吸収されていくのです。

経口薬の場合は、それなりの時間が掛かってしまいますし、肝臓での分解作用をうけてしまいます。

 

最後に:恐れずに座薬をケツに入れてみよう!

というわけで、エリート痔主による「座薬の入れ方」でした!

これで、アナタも座薬をスマートに入れることができるはずです!

 

 

ちなみに今回写真で使っていた薬は、

「ボラギノールA坐剤」です!痔主の頼れる相棒!