「沈黙のWebライティング」 買いました!初心者ブロガー・アフィリエイターなら迷わず買うべき一冊だ!

ブログ
リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

いきなりですが、私、一冊の本を買いました。

 

 

 

「沈黙のWebライティング -Webマーケッター ボーンの激闘-」

 

 

SEOを意識したライティング技術を学べる本ですね.

 

まだまだ全編を読破しきれていないのですが、読みながら確信しました。

 

もう1人のリリン
これ、初心者ブロガー・アフィリエイターならゼッタイ読むべきやつだ・・・

 

今回は、私がなぜこの本を”初心者ブロガー・初心者アフィリエイター”に勧めたいのか、

ポイントごとにお伝えしたいと思います!

 

なお、私がこの本を知ったキッカケはマナブさんのブログです。

 

 

初心者でも分かりやすい説明

なんといっても、説明がとっても分かりやすいですね。

この本は、とある一つのストーリーに沿って様々なライティング技術の話が展開していくのですが、

重要なキーワードが一つ出てくるたびに、詳しい説明と実例がしっかり提示されます。

 

つまり、SEOに関する基本的なキーワードや知識のことを知らなくても、本を読みすすめていくだけで

どんどん理解が進んでいきます!

特に、ストーリーの内容がそのまま実例となっているため、個別にキーワードを調べなおす必要は一切ありません!

まさしく初心者向けですね。

 

単純にストーリーが面白い

これも、初心者にとってはかなりありがたい点です。

ライティング技術の本などは、どうしたってお堅いイメージがついてまわりますし、

読破にそれなりの時間と労力が掛かると思われます。

 

しかし、この本のストーリーは単純に面白いです!

面白くて、マンガのようにスラスラと読めてしまいます。

かなりの頻度で入る挿絵も、クスっと笑えるものから熱い展開まで網羅しているため、

いいアクセントになっています。

 

実はこの本、ページ数はなんと脅威の600ページ越え!

正直、amazonの袋を開封したときはビックリしました。

 

でも、どんどん読み進められますし全く苦に感じないです!

 

初心者がつまづくポイントがしっかり説明されている

これも、普通のライティング本だったらあまり細かく説明してはくれないポイントかと思います。

たとえば、こんな一場面。

 

ムツミ
「えっ・・・。
だってさ、このコンテンツはあくまでも、うちのサイトにあるコンテンツだろ?
だったら、うちの旅館の説明を目立たせるのは、当たり前じゃねーか?」

ボーン
「・・・浅い。浅すぎるな。」

ムツミ
「浅い・・・!?な、何がだよ!!」

ボーン
「Webマーケティングの視点が浅いと言っているんだ。

こんなふうに自分たちの商品やサービスを他社よりも特別扱いしていると、不自然な文章にしか見えないぞ。」

{ P125  解き放たれたUSP より }

 

コンテンツの比較に関する話の流れですね。

 

単純な技術面の話をただただするのではなく、

初心者がよくミスしがちな点や勘違いしやすいポイントなども、しっかり丁寧に指摘をしてくれます。

 

これも、ストーリー上での実例を踏まえての説明なのでとても分かりやすく、すんなりと理解できます。

 

補足:実は、ホームページで同じ内容を読めますが・・・

私、本を買ってから気づいたのですが、

 

書籍化するにあたっての元のWebコンテンツがあるらしいですね・・・。

沈黙のWebライティング 公式ページはコチラ

すぐ買う気にはならないけど、少し気になるという方はまずWebのほうを見ていただくのが良いと思います。

 

ただし!

書籍版には、めちゃくちゃ良い特典があります!

 

特典①購入者特設ページの閲覧権

ストーリーの中で実際に使われているツールやマインドマップ例などがダウンロードできます!

 

特典②大量書き下ろしコンテンツの追加

ストーリー部分のエピローグや、各章ごとの詳しい特別講義(ストーリー面を省略したまとめ)が追加されています!

 

ということで、初心者ブロガー・初心者アフィリエイターなら是非買うべき一冊ですね!

 

さらにさらに言うと、この本は実は2作目!

Webマーケティングを学べる1作目もあります!

自分はまずライティング技術を学びたかったのでライティングのほうを先に買いましたが、

追々こちらのマーケティングも学びたいと思います!

 

 

以上、「沈黙のWebライティング -Webマーケッター ボーンの激闘-」の紹介でした!