うまくなってたくさんドン勝が取りたい!そんなアナタに伝えるPUBG上達の近道!その2

PUBG

この前の記事に引き続き、初心者が効率よく上達し、ドン勝が取れる確立を少しでも

高くしていける方法をまとめていきます!

 

前回の記事

うまくなってたくさんドン勝が取りたい!そんなアナタに伝えるPUBG上達の近道!

 

今回は

実際にプレイの中で”初心者が忘れがち or 知らずにソンしてること”について

焦点を当てていこうと思います。

 

 

・TPPとFPPは全くの別ゲーだぞ!

PUBGのゲームモードには、“TPP(3人称視点)”と”FPP(1人称視点)”

2種類があります。

この違いをしっかり理解しておくことが重要です。

 

日本鯖やアジア系鯖ではTPPが主流ですし、自分もTPPメインなのでそちらの説明をしますね。

 

TPPでは、自キャラの後方にカメラ(プレイヤー視点)があるため、

基本的には策敵範囲が非常に広いです。

かつ、塀の裏や窓の奥に身を隠しながら向こう側の様子を探ることができます。

コレ、ちゃんと意識していないとかなり無防備な行動をしてしまうことになります。

 

たとえば、塀を挟んで自分と敵がお互い隠れている場面。

敵はしっかりカメラの位置を意識したポジション取りをして、見られないように

こっそり移動しているのに対し、自分はあまり意識をしないポジション取りをしていることで、

敵に銃の先っぽや頭を見られてしまう なんてことが起こってしまいます。

 

言葉で全部を説明するのは難しいので、まずは頭の片隅においてプレイをしてみましょう!

なぜ敵に見つかったのか、なぜ敵に見つからなかったのか 自然と分かって身に付いていきます!

 

 

・音の大きさと可聴距離を意識して行動しよう!

“音”が重要であることは前回の記事でお伝えしましたが、じゃあどうすりゃいいの?的な話です。

 

まずは、キャラクターが何か行動をしたときに発生する音と、その可聴距離(聞こえるか聞こえないかの境)を確認しましょう。

アイテムを落とす…4m
アイテムを拾う…5m
回復音…5m
リロード…5m
アタッチメント装着…3m
ADS移行…なし
窓ガラス破壊…75m
ドア開閉…20m

これらの音は、障害物が多い市街戦や視界が悪い環境で意識することが重要です。

 

たとえば、建物の出入りの際に発生する音はこの2つ。

窓ガラス破壊…75m
ドア開閉…20m

可聴距離が3倍以上違うことが分かりますね。

窓ガラス破壊音が聞こえたときは、最大で75mの距離があるのでまだ安全な可能性があります。

それに対しドア開閉音は、最大でも20mの距離しかないので、かなり危険です。

下手したら敵が同じ建物内に入ってきた可能性もあるわけです。

慣れてくると、音がした場所をかなり限定して分かるようになります。

 

では次に、キャラクターの移動に関する音と可聴距離について。

ほふく前進…15m
しゃがみ歩き…15m
しゃがみ移動…25m
しゃがみ走り…35m
歩く…20m
通常移動…35
走る…40m
ジャンプ…30m

 

立ち回りという点では、これらの音のほうが重要性が高いです。

基本的に徒歩移動に関しては、最も速度が速い”走る”を選択しているはずです。

でも、走っているときって周囲40mに音を撒き散らしているんですよね。

これを意識しているか意識していないかで段違いです。

 

一番マズイのは、障害物が多い場所で闇雲に走り回っているような立ち回り。

もう1人のリリン
(敵が潜んでいるかもしれないし、歩きで移動しているかもしれない)

こういったことが想定されるため、高確率で敵に先に察知されてしまいます。

気をつけましょう。

 

そして、この距離を意識しておくことで、“音の大きさ”と”相手との距離”を

かなり具体的に分かっていくようになります。

これを分かっているか分かっていないかが、初心者と脱初心者の大きな壁となっています。

 

但し、「音量を上げても音が聞こえづらい」「音の方向が分からない」などの場合、音声出力のデバイスが不適切な可能性があります。

 

いわゆる”ゲーミングヘッドセット”や”ゲーミングイヤフォン”などに換えることで、

これらが劇的に改善されるかもしれません。

 

実際自分は以下のヘッドセットを買って、世界が変わりました。

めちゃくちゃ音の指向性が分かるようになり、市街戦がラクになりました。

 

 ヘッドセットなどは値段帯もさまざまで、安くてもコスパが良いものなどもたくさんありますので、

自分にあったデバイスを探してみてくださいね。

 

 

・敵に見つかる前に自分が見つけて、先手を取ろう!

これも、”TPSの視点”と”音を聞くこと”と密接につながっていますね。

PUBGというゲームは、“策敵”の重要度がかなり高いです。

 

ちょっと乱暴な極論ですけれど、どんなにエイム力のあるプレイヤーであっても

先手を取られたらほぼ確実に負けるんです。

ヘルメットレベル2以下であれば、karやM24のヘッドショットで一撃死ですし、ARの胴撃ちであっても4~6発程度でほぼ確実に倒されます。

 

じゃあなぜ上手いプレイヤーが生き残っているのかっていうと、“策敵が上手い”んです。

策敵で誰よりも先に敵を視認もしくは隠れている敵を見つけて、先手を打てるわけです。

かつ、自分は見つかりにくいポジション取りを意識しているわけです。

 

まずは、初心者の方は丁寧に策敵をしてみてください。

立ち回りの上達速度が格段に上がることと思います。

 

 

 

以上、PUBG上達の近道その2でした。

 

 

最後に、よければリリン(@Lirin522)と一緒にPUBGをプレイしませんか?

いつでも一緒にプレイする仲間は募集中です!

 

 

記事を気に入っていただけたら、是非ツイッターフォローおねがいいたします!