現役の工場勤め人が教えます!工場勤めのススメ!

仕事
リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

皆さん、「工場勤め」って聞いてどんな印象を受けますか?

 

3K(キツイ、汚い、危険)とか、ブルーカラーとか、単純労働とか、結構ネガティブなイメージが多いんじゃないでしょうか。

 

でも、工場勤めって世間一般が思っているよりも結構イイことが多いんですよ?的なことを、現役で工場勤めバリバリな自分が説明していきたいと思います。

 

これを読んで、新卒を控えた方や転職活動をしている方々の判断材料・参考資料にしてくれれば嬉しいです。

 

ポイント1.給料が良い

いきなり核心ですね。

 

工場勤めって、給料が良いんですよ。

もちろんすべての工場勤務が無条件で高給取りという訳にはいきません。

 

たとえば以下のような条件が、1つ以上は付きます。

・期間工

・夜勤 および夜勤を含む交代勤務

・資格や専門知識を要する業務

 

もう少し、内容を掘り下げて説明しましょう。

 

・期間工! 短期間でガッツリ稼ぎたい人向け!

 

期間工とは、働く期間(雇用契約が終わる日)が予め決められている契約社員の形態を指します。

 

正社員として勤めるわけではありませんし、体力勝負な面も多いため安直に勧めるわけではありません。

しかし、それに見合うだけの報酬、つまり給料を手にすることができると思ってください。

 

加えて、ほとんどの企業では期間工向けの寮を完備してたりします。

無駄な出費は確実に抑えられるでしょう。

 

期間工で一番有名なのはトヨタやスバルなどの自動車工場ですね。

半年ガッツリ働いて「250~300万」のお金がすんなり入ってきます。

 

ということで、期間工に勤める価値がある人は、以下のような方々が当てはまります。

・とにかく短期間でまとまった金が欲しい!

・フリーランスになるための資金を貯めたい!

・若いうちに(体力があるうちに)稼げる仕事をしたい!

 

期間工はあくまで「短期間の勤務でまとまったお金が手に入る」という仕事なので、

その仕事自体はキャリアアップにはならない可能性が高いことを念頭において、考えてみてくださいね。

 

・夜勤!夜に働くとめちゃくちゃ稼げるぞ!

次に夜勤です。

 

これはもう話が単純で、「深夜割り増し賃金」と、会社によっては「夜勤手当」などの拡充給与がもらえるからですね。

オマケでいうと、夜勤ってかなり暇なことが多いです。夜勤の暇な時間って結構好き勝手できたりします。

 

人間の正常な生活リズムからははずれてしまうため寿命を削っている感もありますが、

慣れればそこまで苦ではないという人も結構居ます。こればかりは個人差が大きいところかと。

 

 

が、”交代勤務”は要注意!

かなり高確率で体を壊したり精神を病んだりするひとが出てきます。

 

夜勤だけならばまだ自己管理でなんとかなる範囲ですが、

交代勤務の場合は一定日数ごとに起きている時間・眠っている時間を強制的にズラされるので、

めちゃくちゃ体への負担が大きいです。

リスクとリターンが見合っているかどうか、しっかり自分の体と相談してみてください。

夜型でも問題なく生活できる方にはオススメできます。

 

・資格や専門知識を要する業務

上二つとは少し毛色が異なりますが、これももらえる給料にかなり響く要素です。

採用基準に「○○資格保有者限定」とか「○○資格保有者優遇」とか書いてありますよね。

アレのことです。

フォークリフト運転技能者とかは、想像も付きやすいのではないのでしょうか。

 

たいていの会社で、未経験者や無資格者よりも高めの給与、

あるいは手当が保証されています。

 

会社によっては、入社後に資格を取ることを推奨し、その費用を全額負担するなどの

パターンもよく見受けられます。それだけ工場の有資格者って貴重なんです。

貴重ですし、その人材を用意しないわけにはいきません。法律で決められている事項なので・・・。

 

それでもって、工場で必要な資格関係は取得難易度が比較的低いものが多いです!

たとえば、フォークリフトは全くの無資格者でも、計5日間程度の技能講習を

受けることですぐに取れます。

 

ポイント2.残業が少ない

 

コレもかなり大きいメリットです。

 

工場は機械を動かすことがメインなので、機械が動いていない時間は当然仕事も無いわけです。

よほどのトラブルや繁忙期でない限りは、たいてい定時内に機械を止めて仕事も仕舞いにします。

 

つまり、家族との時間、副業や趣味の時間をしっかり取れるということです。

自分は、朝7時に家を出て、ほぼ毎日17時~遅くても19時に帰宅できちゃってます。

 

 

ポイント3.人間関係のトラブルが少ない

 

意外とコレ、誤解されがちなところかな~、と感じています。

 

仕事内容を考えれば当然のことなんですけど、工場勤務って人と向き合うよりも機械と向き合うことのほうが圧倒的に多いんです。

基本的には黙って手を動かすだけで仕事が終わっているので、精神衛生上はかなりラクであり、人間関係のトラブルも少ない傾向だと思います。

 

もう1人のリリン
もちろん例外はありますけれどね。フフフ。

 

 

 

合わせて読みたい記事はコチラ

【就職】ホワイトな製造業の企業の選び方・見分け方【転職】

ホワイトな製造業で働く勤め人の実情を紹介!