痔が悪化して痛い!そんなときの対処法をお教えします!

リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

さて、痔主の皆さん。

痔が悪化して酷く痛むとき、どうしていますか?

いろいろやれることはあるのですが、ちゃんと整理して実行できていますか?

 

今回は、痔主歴16年の私が、痔が悪化して痛むときの対処法をカンタンにまとめてみました!

 

なにはともあれ、まずはこれらを試してみてください!

 

すぐできる対処法

早速、対処法を説明していきます。

まずは、突然起きた痔の痛みに対して、すぐにできる対策です。

薬を塗る

当然といえば当然ですが、痛みや腫れを抑えるには薬を使うのが手っ取り早いです。

市販の薬でも良いですし、もし慢性的な痔であれば、病院に行って薬をもらっておくのも良いでしょう。

 

市販の薬で自分がよくお世話になっているのは“ボラギノール”です。

解説記事は↓からどうぞ!

痔主の頼れる薬”ボラギノール”をエリート痔主が徹底解説!

 

おしりを温める

痛みを少しでも和らげるために、おしりを温めましょう。

血行が良くなり、患部の硬直も緩むため、少しずつですが痛みは治まっていくことでしょう。

蒸しタオルで温めたり、時間があれば湯舟に浸かるのもアリでしょう。

 

ただし、あな痔(痔ろう)の場合は要注意!

患部が膿んで熱を持っているため、温めるのは逆効果!

応急対策としては冷やすようにしましょう。

 

痛みを悪化させない対処法

次は、痔の悪化を防いで今以上に痛みが出ないようにするための対策です。

 

就寝前に薬を塗る

すぐてきる対策として薬を上げましたが、実は痔の薬としての使い方はコチラのほうが効果が高いです。

なぜなら、就寝中に薬成分が肛門全体に広がり、一種のコーティングのような状態になるからです。

コーティングされることで、便が通過するときの刺激を抑えてくれますし、

痔の悪化も最小限で済みます。

 

おしりに物理的な負担をかけない

痔が悪化すると、ちょっと動いたり座ったりするだけで痛みがつよくなることがあります。

排便時はどうしようもない面がありますが、それ以外では極力おしりに物理的な負担をかけないようにしましょう。

 

・長時間椅子に座らない

・座るときは円形クッションを使う

・激しい運動は控える

快便をこころがける

痔の原因は、結局のところ排便なのです。

なので、快便を心掛けて痔が今以上に悪化しないようにすることが大切です。

ここでいう快便とは、便秘でも下痢でもなく、スルっと出る便のことですね。

 

・バランスのとれた食事 特に食物繊維を多めに!

・暴飲暴食を避ける

・適度な運動

・便意を感じたらすぐにトイレにいく

・イキみすぎない

 

このあたりを、まずは意識して実践してみましょう。

 

 

最後に:ずっと痛みが続くようなら病院へ・・・

さて、痔が悪化して痛いときにどうすればよいのかを解説しました。

しかし、これらはあくまで自分でできる最低限レベルの対策です。

 

痔は、立派な病気です。

痛みが続くようなら、迷わず病院にいってしっかり診察をしてもらいましょう。

たいていの痔は、初期段階にしっかり処置すればかなり負担が少ないうちに治療ができます。

 

リリン
恥ずかしいかもしれませんが、病院へ行くのが最善だということは常に念頭においておいてくださいね。

 

 

あわせて読みたい記事はコチラ