「おはよう新世界」と私がつぶやく理由

思想
リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

皆さん、お決まりの挨拶というものを持っていますか?

私は「おはよう」の代わりに「おはよう新世界」という表現を使っております。

 

 

 

私がこの挨拶に込めている3つの意味を、解説していきたいと思います。

皆さんも是非、自分だけの挨拶というものを考えてみてください。

 

・他の人と一緒の言葉を喋らない

私が常々意識していることなのですが、

他人と全く同じ言葉を喋ることは、あまり好きではないんですよね。

言葉を発するということは、自分のことを他人に知ってもらいたい、伝えたいことがあるというわけですし。

 

まぁ所詮は挨拶なので、全く同じであっても問題無いといえばそうなんですが。

でも、ネット上で活動をしている以上、“他の方との差別化”というのは常に意識すべき課題だとも思っています。

だから、私は挨拶として「おはよう新世界」を使い続けたいと思います。

 

※この文章を書いてから調べたのですが、意外とtwitter上でも「おはよう新世界」を使っている人は多いですね。

まいったまいった。

 

・ルーチンワークを作る練習にする

ブログを書き始めてつくづく痛感しているのです。

リリン
作業をルーチン化してえ!

私、どうしようもない飽き性なんですよ。

ゲームとかアニメなどの、趣味領域でめちゃくちゃ好きなことには集中して取り組めるのですが、まだ慣れていないブログの作業はどうしても書き続けることができなかったりします。

 

しかし、ブログ作業をルーチン化してしまえば解決するんですよね。

飯を食うように、トイレに行くように、お風呂に入るように。

日常のルーチンワークのひとつとして、ブログを定着化させたいと思っています。

 

そこで、新しいルーチンを作るごくカンタンな第一歩として、「おはよう新世界」を使い続けようとしています。

「おはよう新世界」 → ”ブログ執筆開始” 的な。

 

・昨日と今日は違うのだという意識付け

最後に、言葉の意味に私が込めている想いを少しだけ。

 

ブログを始める前の私は、しがないサラリーマンでした。

日中は仕事をして、夜は家族とのんびり過ごして、余暇はゲーム三昧の日々。

それで満足でしたし、不自由はありませんでした。

 

しかしブログを始めてみて、私の見ている世界は大きく変貌を遂げていました。

ネットの向こう側に、膨大な数の凄い人達が居て、社会に価値を提供していて、お金をバンバン稼いでいました。

 

本当に衝撃でしたね。

こんな世界が、いまこの時にあるのかと。

そして、その世界は常に変動し、流動的に動いている事を知りました。

 

昨日の世界と、今日の世界は違うんです。

よくよく考えれば当然であることを、私は無意識に忘れていたのだと思います。

そんな世界の中で、私は世の中の痔主諸君のためになる情報を発信し、お金を稼ぎたいと思いました。

 

なので、私は言い続けたいと思います。

昨日までの世界と、今日の世界は全く違う新世界なのであると。

今日の自分は、新しい世界の中で生きていくのだと。

 

 

リリン

「おはよう新世界」