【あな痔】あな痔の症状・原因・治療法・予防法まとめ【基本情報】

リリン
こんにちは!エリート痔主ブロガーのリリンです!

 

皆さん、あな痔というものをご存知でしょうか?

あな痔は、カンタンにいってしまえば「化膿してしまう痔」のことです。

 

切れ痔、いぼ痔と比べると非常にマイナーではありますが、あな痔も立派な痔の一種です。

というか、切れ痔やいぼ痔と比べるとめっちゃくちゃキケンな痔なんです。

 

今回は、意外と知らない人が多い”あな痔”の基本情報をサクっとまとめてみました。

あな痔の恐ろしさを少しでも知ってもらい、もしあな痔になってしまった場合にはすぐ病院へ行けるようにしておきましょうね。

 

あな痔の原因と症状

あな痔という名前は通称です。

正式な医学用名称は、痔瘻(じろう)と言います。

聞きなれない単語ですよね。私も未だに馴染みがありません。

 

さくっと、あな痔の原因を見てみましょう。

 

引用元:痔-WEB 様

超カンタンに言うと、細菌が入って化膿して膿が溜まるわけです。

 

いや~。痛そうですよね。膿が溜まって穴が空くんですって・・・。

私はさすがにあな痔は罹ったことがないので痛みの度合いは分かりませんが・・・。

 

あな痔を発症すると、色々な症状が現れてきます。

・膿みの漏れ

・発熱

・激しい痛み

・腫れ

切れ痔やいぼ痔とは違った方向で、かなりキツイ症状の病気となっています。

 

あな痔の治療法

あな痔の治療は、基本的には手術です。

膿が一度溜まり始めてしまうと、中々自然治癒は難しいのです。

膿を出し切ってしまうことが重要となり、高確率で手術が必要だといわれています。

 

薬だけでは根本的な治療は難しいわけですね。

 

あな痔の予防法

実は、あな痔の予防って難しいんですよ。

どんなに頑張っても、化膿の原因である大腸菌は腸内に大量に存在しているので、排便のたびに菌が穴に入り込んでしまうリスクがあるわけですね。

 

しかし、できることはあります!

次のことを意識してみましょう!

 

・元気なカラダをつくる

あな痔を発症してしまうのは、細菌に負けてしまうからなのです。

つまり、カラダの免疫力が低下しているとあな痔になりやすいんですね。

常日頃から元気で強いカラダ作りを心掛けておきましょう!

 

・下痢をしない

下痢をすると、肛門付近の溝や穴に便が入り込みやすくなってしまいます。

すると当然、細菌も入り込むわけですね。

あな痔予備軍の人があな痔を発症してしまう原因の多くは下痢だといわれています。

 

なるべく下痢にならないような生活を心掛けましょう。

暴飲暴食はダメですよ?

 

 

 

以上、あな痔についての基本情報まとめでした!

リリン
あな痔に関しては、マジで病院一択ですよ・・・