“代休”とは?”振替休日”とは? 何が違うのかをカンタンに説明します

仕事

 

皆さん、休日に会社で働くことって、まぁ、ありますよね。

あんまりしたくはないですけれど、

 

いわゆる”休日出勤”といわれるものですが、その際に、代わりの休日を取ることがあると思います。

代休とか、振替休日とかと呼ばれるものです。

 

でも、この2つって、明確に違うということをご存知でしたか?

 

今回は、会社に勤めている方々に最低限知っておいてもらいたいこととして、この2つの違いをサクっとまとめました。

これを知らないと、知らずのうちに会社に騙されている可能性がありますよ。

 

 

代休:急に入った休出に適応  振替休日:予め予定されている休出に適応

 

題の通りですね。

 

ごくシンプルに、

 

事後に処理するのが代休で、

事前に処理するのが振替休日

 

と考えてください。

 

 

代休は割増料金が貰えるが、振替休日は貰えない

コレが一番重要です。

つまりですね、サラリーを支払う側(経営者側)は、なるべくなら”振替休日”にしたいんですよ。

だって割増賃金を払わずに済むから。

 

でも、代休ではなく振替休日を適応するには、それなりに面倒な条件が付いてきます。

これらが守られずに、雇用側が勝手に振替休日を充てることは、立派な労働基準法違反です。

 

自分の勤怠表を確認しよう!

 

ということで、皆さん。自分の勤怠表をしっかり見直してみましょう。

 

代休と振替休日の区別がちゃんと付いていますか?

ちゃんと就業規則に則って書かれていますか?

代休と言われていた日が、実は振替休日で処理されていませんか?

 

もしかしたら、貰えるはずの休出割増賃金が貰えてないかもしれませんよ?

 

 

詳しく勉強して、いざという時に自分の身を守れるようにしておくのはとても重要です。

こういう本を、手元に1冊持っておくのがベストでしょう。

 

 

 

 

 

 

以上、代休と振替休日の違いでした!