会社の飲み会が辛い? 乗り切る方法をお教えします!

仕事

皆さん、会社の飲み会は楽しいですか?

 

楽しくないと予想される飲み会なら、最初から断っちゃいましょう!

 

と、言えればいいのですが、世の勤め人は必ずしもそうはいきませんよね。

 

 

ということで、今回は

辛い飲み会を上手く乗り切る方法・楽しい飲み会に変える方法

自身の経験を元に考えてみましたので、お伝えしたいと思います!

 

 

・自身のポジショニングを意識しよう!

飲み会において、自身の座る位置・立っている位置はとっても重要です。

 

なぜなら、飲み会で必然的に話をするのは

“隣に居る人”や”近くに居る人”だからです。

 

なので、自分の座る位置と、周りに居る人たちの位置は、飲み会が始まる前に

しっかりと把握しておきましょう!

 

そして、当然のことですが要注意人物の周りにはポジションを取らないように

・すぐ説教する上司

・セクハラがひどいおっさん

・延々と自分語りをする中堅社員

 

 

ただし、一番最初に限ってはこれらの要注意人物の近くに居るというのは、

間違いではないです。

 

なぜならば、要注意人物たちも最初はアルコールが回っていなく、平和だからです。

中盤の席替えのタイミングあたりになると、要注意人物たちは

本領を発揮しだす頃だと思いますので、

そのタイミングでサッと席を移動すればいいわけですね。

 

 

席を立つときには、なるべく”引きとめを喰らわない言い訳”を活用しましょう。

すいません!ちょっと電話きたので出ます!(戻ってはこない)

すみません、ちょっとおトイレに・・・(戻ってこない)

こんな感じですね。席を立ってしまえばこちらのものです。

 

 

・酔っ払いの会話に意味なんて無い!聞き流せ!

そのままのとおりです。

飲み会で話す酔っ払い共の会話なんて、大して重要なことじゃないんですよ。

あくまで飲み会は楽しむ場。仕事の話をマジメにしたければ仕事中にするべきなんです。

 

なので、飲み会での会話で無駄に頭を使う必要は一切ないです。

楽しい話をして、適当に聞き流して、楽しく盛り上がりましょう。

楽しく盛り上がる会話というのは、得てして頭の悪い会話なんです。

頭の悪い会話は、頭を使わずに会話することで生まれます。

 

したがって、仕事のツマラナイ話ばかりする人からは、そっと遠くへはなれましょう。

 

・”お局さん”最強説!彼女たちの近くは安全圏!

お局さんって、居ますよね。

彼女たちは、職場においてある程度以上の権力と影響力を持っているため、

飲み会でも強い場を形成していることが多いです。

 

逆に、その場を利用しちゃいましょう。

 

お局さんの周りって、要注意人物があまり近寄ってこないんですよ。

だってお局さんが怖いから。

 

そうするとどうなるか。

彼女たちの周りは、安全な”セーフティエリア”となるわけです。

 

なので、そのお局さんの机に座り、相槌を打つ係にでもなっておきましょう。

 

 

※お局さん自身が要注意人物である可能性も結構あるので、

そこはしっかりと見極めておきましょう。

 

・”防空壕”を見つければ安心!

飲み会には、盛り上がりの環から外れて、

会場の端などでゆったりと過ごしている層が高確率でいます。

 

彼らは、巷では”防空壕”と呼ばれているそうです。

そういうところには、要注意人物もなかなか近づいてはこないので、

そこに入り込むのが最善と言えるでしょう。

 

一度入り込んでしまえば、彼らは変に仕事の話をしたり

説教をしたりすることはほぼ無いです。

好きなお酒とかソフトドリンクとか飲んで、のんびりしていましょう。

 

 

 

 

以上、飲み会の乗り切り方でした!